動画投稿で著作権が問題になる場合

youtubeのような動画サイトでは、JASRACなどの著作権管理事業者との間で著作権の包括契約を結んでいます。しかし、著作権管理事業者と管理契約を結んでいないアーティストの曲をbgmに使うときは利用許諾が必要となるので注意が必要です。

youtubeで動画を投稿する際のBGMの選び方

無料で使える音楽素材サイトから選ぼう

youtubeで動画を作成するときに欠かすことができないbgm。bgmを手軽に利用するならば、無料で利用できるフリーの音楽サイトから選ぶと良いです。様々なジャンルを扱っているサイトから、和風bgmやポップ風bgmまで、ジャンルを特化したサイトまで様々あります。

動画のイメージに合うものかチェックしよう

youtubeで動画作成するときのbgmを選ぶときは、まず原曲や演奏者について確認することが肝心です。また動画で撮影される映像と、イメージが重なる曲を選ぶ必要があります。なるべくならば、幅広い世代の人たちがイメージしやすいbgmを選ぶと、メッセージが伝わりやすくなります。

権利を持った音楽を使おう

映像

youtubeでビジネスの紹介をしている動画はたくさんあり、実際にインターネット上で話題を呼んで、大きな結果を残している場合もあります。その過程を見ていて、自身のビジネスもyoutubeで宣伝しようと考えているかもしれません。そのときは、宣伝動画に使うbgmは、誰の権利も侵害していないものを利用しましょう。もしも、著作権をしっかりと守ったうえでbgmを使いたいなら、権利を含めたbgmの購入か作曲のどちらかを選ぶ必要があります。利用する権利を持ってさえいれば、動画で使ったりホームページで流したりしたとしても、一切問題ありません。

サイトを使えば簡単に手に入れられる

動画視聴

現在は利用する権利を含めたbgmの購入はもちろん、作曲もインターネット上でお願いできます。bgmを売りたい方や作曲を依頼できる方が集まっているサイトもあるので、そちらを使えば、すぐに著作権に問題がないyoutube用のbgmを手に入れられるでしょう。もちろん、どのようなbgmなのか知るために、実物や過去に作った曲の視聴が可能です。どのような音楽なのか分かったうえで買えるため、作成した宣伝動画にピッタリと合わせられるはずです。

頼む人によって料金は異なる

女性

bgmの販売や作曲を行ってくれる方はたくさんいて、それぞれ料金設定は異なります。大御所の方に頼めばかなりの金額になるでしょうが、趣味の延長でやっている方に頼めば安くなります。ただし、金額が高ければ宣伝動画にピッタリと合ったものを作ってくれるわけではありません。安くても宣伝動画に相応しいbgmを提供してくれる方はいます。せっかくyoutubeに著作権が問題のないものをアップロードするのですから、宣伝動画との相性をきちんと確かめて依頼しましょう。

見積もりをもらおう

映像

youtubeのためにbgmを購入するのなら、明確な金額が決まっているかもしれませんが、作曲してもらうなら決まっていない場合もあるでしょう。そのときは見積もりをもらっていくらになるのか確認してから、著作権法違反にならないbgmを作ってもらいましょう。

広告募集中