HOME>トピックス>音楽を使用する際には著作権のことをしっかり考えましょう

日本音楽著作権協会に確認しよう

オペレーター

電話代行など各施設でbgmを使用するときには著作権に注意しなければなりません。音楽を使う準備段階で、もし著作権のことが心配になれば、著作権管理事業団体に確認してみることが大切です。そこで、使用料などについて聞いてみると安心です。

フリー素材を使用する

オペレーター

動画や電話代行などでbgmを流す場合、気になるのが音楽の著作権です。無料でダウンロードしたいのであれば、著作権フリーの音楽サイトを活用する方法があります。また、利用規約の範囲内であれば、自由に使用できるメリットがあります。

オフィスで使う音楽

オペレーター

電話代行業者など集中力が必要なオフィスでは、リラックス目的でbgmを流すことがあります。しかしオフィスでbgmを使用する場合、避けて通れないのが著作権の問題です。著作権が気になれば、フリーbgmを使用するのも1つの方法です。フリーbgmとは、著作権が放棄された楽曲のことをいいます。これらの楽曲は著作権フリーと公表していることが多いですが、配布元の利用規約をしっかり確認する必要があります。

著作権が消滅した曲とは

オペレーター

著作権が消滅した楽曲であれば、電話代行業務やbgm用などで自由に使うことができます。ちなみに日本国内の場合、作者が亡くなって50年間は著作権で保護されるという規定があります。それを過ぎたら著作権は消滅しますが、50年というのは亡くなった翌年の1月1日からカウントされることに注意が必要です。

広告募集中